Rise of the Kings(ライズオブキングス)をレビュー!自分だけの国を繁栄させよう!




Google Play App Store

兵を鍛えて、資源を集め最強の国を目指して戦おう!

Rise of the Kingsは自分の国で資源と兵士を揃えて国を栄えさせるストラテジーゲームです。

西洋ファンタジーのような世界で誰にも負けない強固な国を造りましょう。

ゲームを進めると同盟軍に入って国同士の対抗戦も楽しめたりとやりごたえも抜群!

早速プレイしてみたのでレビューしていきたいと思います。

兵士を訓練して戦いに備えよう!

国を守る為にも、周辺を探索する為にも必要な物は兵士!

空いている陣地に兵舎を作ることで兵の訓練が可能になります。

必要な素材さえあれば、タップして待つだけの簡単なお仕事です。

始めはスピア兵しか訓練する事ができませんが、レベルが上がってくると斧兵や剣士等訓練できる兵士も増えていきます。

訓練に必要な素材は兵糧である麦のみなので、充分に麦を確保してから訓練に臨みましょう。

こういったゲームでは剣→槍の順での育成が多い気がするので、槍→剣の逆パターンは始めた見た気がします。

兵舎での訓練を開始すると、一定時間待った後自動で人員に追加されます。

訓練中は、画面をアップしてみると兵士が訓練しているのが分かりますね。

訓練中実際に動いている画面が追加されているのを見かけると、本当に訓練している感があって良いですよね。

フィールドを進軍して素材を手に入れよう!

左下タブを押すとフィールドに出る事ができます。

フィールドには素材が埋まっている地帯や、敵対モンスター等色々なオブジェクトがあります。

モンスターはこちらの兵力が低い内は勝てそうも無いので、まずは素材集めにチャレンジです!

いけそうな地域があれば早速兵士を派遣してみましょう。

派遣時には派遣人数を決める必要があります。

通常状態だと最大1千人の部隊で派遣する事ができますよ。

何があるか分からないですし、基本は最大兵数で派遣していきたいですよね。

派兵すると画面にどのくらい時間がかかるのか表示されます。

表示を見なくても派兵部隊の進み具合を確認することで、大雑把にどれくらいかかるか確認することができますよ。

近くの建物しか派遣していないのでトラブルがないのですが、遠くまで派遣すればモンスターとの戦闘なんかもあったりするかもしれませんね。

内政よりも派遣で素材集めをしたい人は、あらかじめ軍事テントを建築しておくことをおススメします。

軍事テントは作ると兵士を効率よく訓練できるようになるので、兵士の量産化が捗りますよ。

利用可能数までの数を建てて置けば、一度に何百人の兵士だって作れちゃいますね。

英雄を手に入れて戦力増強を図ろう!

ショップや、任務などで応募券を手に入れると英雄を応募することができます。

応募券はいわゆるガチャで、手に入れる為には宝石という課金通貨が必要になります。

宝石は任務達成や、ログインボーナスでも手に入るので無課金で行きたい方はコツコツ集めていきましょうね。

入手した英雄は詳細画面を見ると能力を確認できます。

英雄にはそれぞれスキルが割り振られていて、これが能力値より大切になっていきます。

ルナーリンというキャラは、モンスターとの戦闘時に発動するスキルを所持しています。

スキルによって適材適所があるので、上手く派遣すれば普段よりも有利な条件で行動が可能ですね。

左上にある攻略を見るとキャラクターのストーリーを読むことができます。

攻略という名称や、誤字があるのは翻訳ゲーならではって感じがしますね。

紹介の下にあるおすすめを読むとどんな風に運用するのがおすすめか書いてあるので、迷う方は参考にしてみてはどうでしょうか?

Rise of the Kingsは内政ストラテジーゲームとしてはかなり王道だと思います。

難しいシステムや、尖った要素が無いので初心者にはピッタリのゲームです。

内政ストラテジーゲームに興味がある方は是非一度プレイしてみて下さいね。


Google Play App Store

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください