ファッションコーディネートの強い味方「ルトロン」




Google Play App Store

ファッションコーディネートの強い味方「ルトロン」

女性にはファッションより重要なものがあるでしょうか?

今やそんな疑問すら浮かびかねないファッション大国日本です。

ファッション激戦地のこの国で、大いに役立ってくれるのが「ルトロン」です。

ファッションについて情報を集めようとしたら、ただ服のことを取り揃えればよいわけではありません。

エステ、コスメ、そして行き先でコーディネートが変わる時代です。

多岐にわたる情報がこのアプリには求められますが、答えてくれるんです。

もちろん、見やすさや便利さも追求されています。

インストールさえすれば、無料で利用できます。

友達と出かける、素敵なお店に足を伸ばす、ファッションは生活の中で活きています。

「ルトロン」はそんなファッションについての情報を総合的に得る為に、最適なアプリです。

スマホアプリは手軽さが最大の武器

ファッションを扱ったものなら、「ルトロン」じゃなくてもあるんです。

でも、雑誌を買いに行って持ち運ぶ時間で、「ルトロン」なら別の情報にも目を通せそうです。

じゃあWEBページがあるじゃんとなりますが、「ルトロン」程便利でしょうか?

このアプリはただ開くだけで、ファッションについて知ることができるように、そんな考えのもとに作られてます。

WEBサイトにその手軽さを実装しようとする信念があるでしょうか?

もちろん、「ルトロン」より雑誌やサイトの方が良い場面もあるでしょう。

しかし、手軽さにおいてはスマホアプリに太刀打ちできるものはありません。

ルトロンが抑えている範囲、デカすぎ

「ルトロン」では、画面を左右にスワイプすることでタブが変更されます。

タブは多様なコンテンツに分かれていて、様々な場面に対応する情報を提示してくれます。

「Pick Up」のタブでは、「ルトロン」が一番注目してほしい情報がまとめられています。

簡単ヨガ、花火大会、寝苦しさ解消、筆者が利用した時には、暑い夏の今、一番知りたい情報がまとまっていました。

面白いのはここでもジャンルの広さを感じられるところです。

またヨガのように動きを見てほしい情報では動画が掲載されるのも好印象です。

絶対見逃せない「特典」カテゴリー

「特典」タブには一番嬉しい情報があるかもしれません。

それは女子が大好きなクーポン情報です。

バーミヤン、夢庵、ケンタッキーと、利用しないわけないクーポンが揃ってます。

ジャンル別に分けてくれますが、とりあえず端から見るべきじゃないでしょうか?

思わぬお得にめぐりあうチャンスです。

ファッションはテーマ大事「特集」

ファッションがキマるかどうか、それはその日のテーマがホットなのかにかかっています。

イメージどおりにコーディネートできたかも大切です。

そんなファッションの基本を「ルトロン」が抑えない訳ありません。

「特集」はテーマ別に情報を集めたカテゴリーです。

「こんなデートがしたい」「週末おでかけ部」なんかはかなり絞り込んだテーマを提示してくれてます。

丸パクリでもグッドな情報です。

行き先でファッションを選びたい、大人な遊び心

行き先はどこでも良い、風の吹くままよ、なんて風来坊な着の身着のままを「ルトロン」は許しません。

イベント情報、心を満たす景色の情報、そして行き先に併せたコーディネート、そんな情報が詰まっているのが、「おでかけ」のカテゴリーです。

ファッションに気合い入れる時、それはやっぱりデートでしょう。

このカテゴリーは女子よりの「ルトロン」の中でも、男子の役に立つ情報満載です。

ていうかこういうとこに行きたいんですね。

インスタ映えって、レストランでよく聞きます

ファッションと食事、一見してあまりつながらないこの2つ、全くそんな事はありません。

もちろん、ドレスコードがどうとか言ってるのではありません。

昨今、インスタグラムの隆盛著しい時代です。

お気に入りのコーディネートで、美しいスイーツやレストランで写真をとるんです。

「ルトロン」にもレストラン、スイーツ情報しっかりまとめられてます。

とくに子供が楽しめるレストランを紹介するあたり、便利に使えて好印象です。

ファッションが楽しい一日を作る

「ルトロン」が提供するのは、ファッションの情報です。

それは人生の必需品を磨く手助けです。

ぜひこのアプリを利用して、あなたのファッションをもっと素敵なものにしてください。


Google Play App Store

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください