こんな戦国時代だったら生きてみたい!天下統一恋の乱 Love Ballad


Google Play App Store

天下統一恋の乱 Love Balladをプレイして、戦国時代の恋愛を楽しもう?

今回は恋愛シミュレーションゲーム「天下統一恋の乱 Love Ballad 戦国武将と恋愛ゲーム」というアプリを紹介したいと思います。

「天下統一恋の乱 Love Ballad」は、Voltage inc.から出ている恋愛シミュレーションゲームです!

こちらのゲームは、普通の恋愛シミュレーションゲームに飽きた人、ちょっと変わった設定の恋愛シミュレーションゲームをやってみたい人に是非プレイして頂きたいゲームです!

早速ゲームの内容を紹介していきます!

戦国の世を生き抜く武将たちと命がけの恋愛をしよう♪

物語の内容を簡単に説明します。

小料理屋の娘(プレイヤー)は父を亡くした後、母親と弟と共に小料理屋を営んでいた。

そんな小料理屋の娘にしつこく言い寄ってくる町奉行の男がいた。

そんな奉行に対して娘は、奉行に対して他の町人たちの前で断っていると弟の弥彦が奉行に向かって蹴りを放ち、奉行を追い出してしまう。

恥をかいた奉行はそそくさとその場を立ち去ったが、後日自分の息のかかったチンピラを使い小料理屋に嫌がらせを行う。

そこである武将が現れ、そのチンピラたちを倒してしまう。

それを知った奉行は、後日小料理屋に現れ暴力沙汰があったことを理由に小料理屋を潰そうとする。

しかし、「小料理屋をつぶさないで欲しければ、ある武将の元で毒見役をやる人間を一人送れば見逃してやる」と条件をつけた。

店をつぶさない為に、弟の弥彦がその条件を飲んでしまうが、弟を行かせたくないと思った娘は男装し自分が武将の元に行き毒見役として行ってしまう。

その毒見役として使える殿と側近との間で進んでいく恋愛ストーリーです。

このゲームの注目すべき点は、ストーリーの先でどちらかを選ばなければいけないという点です。

選択出来るルートがいくつかありますのでご紹介します。

「明智光秀・織田信長」「真田幸村・霧隠才蔵」「伊達政宗・片倉小十郎」「豊臣秀吉・前田利家」「徳川家康・石田三成」「武田信玄・上杉謙信」このルートをどれか選択し、本編を進めていきます。

あなたはどの武将の元でゲームを進めていきたいですか?

どの武将を選択するか迷ってしまう場合は、それぞれの「この殿の紹介」画面からどんな武将かチェックして決めましょう♪

また、他にもサブストーリー?的な話もあるようなので、是非プレイしてみてください!

選択肢に応じて話が変化?

恋愛シミュレーションゲームということで、こちらもゲームを進めていくといくつか選択しなければいけない場面にに出くわします。

この選択肢によってどの武将との相性度が変化します。

また1話進めるためには、ラブチケットと呼ばれるものを1枚使います。

ラブチケットは毎日4:00に回復するの1日5話まで進めることが可能です。

それじゃ足りない!という方は「よろず屋」で購入することが出来ます。

ラブパスは1枚120円となっていますので、早く先に進めたい方は課金してみるのもいいかもしれませんね♪

また、今ゲームを始めるとゲームを始めてから48時間限定で「お得な初心者セット」と呼ばれる1560円相当するアイテムが360円で購入できるので、気になる方はチェックしてみてください!

マイページにいる自分のアバターをおしゃれに着飾ろう♪

本編のストーリーを楽しむのはもちろんですが、その他にもこのゲームで楽しめる事があります。

マイページ画面に表示されている自分のアバターを色々カスタマイズすることが可能です。

アバターに着せることが出来るアイテムはガチャでゲットすることができるので、自分のアアターを可愛いくおしゃれにしましょう♪

ガチャは一回につき、真珠と呼ばれるものが3個必要になります。

これは毎日のログインボーナスなどで無料で手に入れることが出来ますし、課金して購入することができます!

イケメン戦国武将たちと命がけの恋を楽しもう!

正直まだまだ魅力を伝えきれていないほど、意外とやり込み要素満載のゲームです!

戦国武将になるには顔の審査があるんじゃ!?と思うほどのイケメンぶりですし、それぞれのキャラによって全く性格が異なるので是非全員プレイしてみてください!

また今回紹介出来ていないストーリーなんかもあるので、興味のある方はどんどん先に進んで遊んでくださいね♪d( ̄  ̄)


Google Play App Store

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください