【光と闇の対決 ~輪廻のFight Song~】チーム協力バトルが熱い!3Dアクション!




Google Play App Store

美麗でド派手な戦略アクションバトル!!! 光と闇の対決~輪廻の Fight Song~

光と闇の対決~輪廻の Fight Song~は、万物を彩る光を巡って、光を奪おうとする闇の勢力と、守護しようとする光の勢力が対立する世界で、ヒーローを操作してバトルする戦略アクションゲームです。

ゲーム機を凌ぐほどの美しいグラフィック!!!

このゲームでは、スマホゲーム屈指の美しいグラフィックを楽しむことができます。
バトル中のアクションの派手さにも磨きがかかっており、非常に見応えがあります。

豪華声優多数起用!!! アニメシーンもあります!!!

このゲームでは、前野智昭さんや、堀江由衣さん、花澤香菜さんといった超人気声優を多数揃えており、非常に豪華な声優が起用されております。

さらに、キャラクターの声は、アクションシーンなどだけでなく、ショートアニメでも存分に聞くことができますので、堪能することができます。

さらに、アニメーションもとても迫力のある演出がなされており、まるでテレビゲームでもやっているかのような気分になり、スマホゲームの進歩に驚きました。

個性豊かなキャラクターたち!!!

このゲームでは、いろいろなヒーローを操作できますが、それぞれ個性が違い、ガードタイプ、ファイタータイプ、メイジタイプと言ったように、大まかにステータスや覚える技などの傾向が異なり、どのキャラクターを選ぶかで、戦場での身のこなし方も、だいぶ違います。

防御力の高いキャラクターは、敵の盾になったり、殴り合いで敵の体力を削ったりできますし、近距離攻撃の強いキャラクターは、相手に大きなダメージが与えられます。

遠距離攻撃が強力なキャラクターは、逃げる敵を逃がさずに仕留めることができます。

このようにどのようなキャラクターを選ぶかで、プレイヤーのとる戦略も変わってきます。

どう戦うかはプレイヤーのあなた次第です!!!

敵を倒して、技の威力をアップ!!!

このゲームでは、敵キャラクターを倒すと、お金がもらえます。貯めたお金で、技の威力をどんどん高めていきましょう。

精霊で、さらなる強化!!!

このゲームでは、聖霊という、プレイヤーとともにバトルに参加してくれるキャラクターが、プレイヤーを強化してくれます。

バトルで敵を倒すことで溜まったお金を消費することで、聖霊によるスキルが発動します。

聖霊はバトルに参加したり、強化アイテムを使うことでレベルが上がり、能力も上がります。

ぜひとも、聖霊を活かしたバトルをしていきましょう。

敵チームのキャラを倒しまくろう!!! 3×3×3×3バトル

このゲームには2つのモードがあり、一つは、チーム制バトルロワイヤルである3×3×3×3バトルです。

プレイヤーは二人の仲間とともに、敵チームのキャラクターをどんどん倒していきましょう。

敵が自分たちの陣地に戻ると、体力が回復する上に、陣地には砲台があり、攻撃されてしまいます。

敵を敵陣地に逃がさないようなバトルを心がけましょう。

味方同士の連携も大事ですね。

敵の陣地を奪おう!!! 5×5バトル

もう一つのモードは5人のチームがぶつかり合う陣取りゲーム。

最終的には、敵本陣の破壊が最終的な目標となります。

はじめの方は、敵本陣までの道のりにも、行く手を阻む敵キャラクターや砲台が配置されているので、少しずつ破壊していき、敵の抵抗を弱めていきましょう。

このルールでも味方同士の連携が重要になってきます。

ヒーローのもう一つの姿 アバター

このゲームでは豊富なキャラクターを操作できますが、さらに楽しむことができる要素があります。
それは着せ替えです。

アバターを購入すれば、全く別の姿のキャラクターを見ることができます。

かっこいいもの、可愛いもの、はたまたネタ衣装など様々なものがあります。

また、特別ボイス付きのアバターもあり、一層キャラクターの魅力を引き立たせてくれます。

課金1回目でキャラクターが手に入る!

初めて課金をすると、なんとキャラクターがついてきます。

お得なので、ぜひ手に入れましょう。

いかがだったでしょうか?

このゲームは非常に戦略性が高く遊びごたえがあるゲームだけでなく、グラフィックや音声などの点でも非常に洗練されたゲームです。

とても面白いのでぜひともやってみてはいかがでしょうか?


Google Play App Store

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください