【LINEレンジャー】可愛いLINEキャラクターと一緒に簡単アクションバトル!

LINE レンジャーの動画


Google Play App Store

可愛いLINEキャラクターと一緒に簡単アクションバトル!

LINEレンジャーをレビューしていきます!

トップ画面から、イラストがとても可愛いです。LINEのキャラクターは幅広い層に馴染みがありますし、どなたでもゲームを始めやすいのが良いですね。

LINEレンジャーは2014年の2月28日にリリースしているゲームアプリです。もうリリースしてから3年も経っていることに驚きました。

ゲームのジャンルはタワーディフェンスといって、自分の領地に侵入してこようとする敵を倒しながら、相手の領地(タワー)を撃破していく仕組みのゲームです。

他のタワーディフェンスのアプリですと、「にゃんこ大戦争」が有名ですね。

では詳しく見ていきましょう。

レンジャーを結成して、サリーを救出しに行こう!

まず、ストーリーですが、LINEのキャラクターのひとり、「サリー」がエイリアンにさらわれてしまいました…。

さらわれてしまったサリーを助けるために、LINEキャラクターたちがレンジャーになってチームを組み、エイリアンに戦いを挑んでいく!という背景です。

このようにキャラクター5体で1チームを組み、エイリアンの討伐に向かいます。

バトル中は右上に時間経過で貯まっていくミネラルを使って、レンジャーを出動させていきます。

敵も同様に出動してきますので、攻撃をし合い、最終的に敵のタワーの体力を0にすることができれば勝利です!

レンジャーを集めて、強化しよう

レンジャーにはレベルや攻撃力等、色々なステータスがあります。

そのステータスを上げることによりレンジャー自体の力が底上げされ、強い敵にも立ち向かっていけるようになります。

レンジャーの強化方法は合成と装備があります。合成は不要なレンジャーを消費し合成に使うことでレンジャーのステータスがアップします。

装備はその名の通り、レンジャーにアイテムを装備することでステータスをアップさせることができます。装備アイテムはステージクリアの報酬等で貰えるので、コツコツと進めていきましょう。

タワーディフェンスのゲームではレベルアップの概念はよくある気がしますが、装備の要素があるのは珍しいですね!

そしてレンジャーの種類ですがなんと約400種類存在するそうです。ブラウンだけでもこんなにも種類が…

LINEレンジャーはコラボイベントもよく開催されていて、『名探偵コナン』や『鋼の錬金術師』などの有名タイトルとのコラボも過去にありました。

コラボイベントでは限定レンジャーも出るみたいですから、また次回の開催が楽しみになりますね!

友達と協力・競い合う!

LINEゲームは実際にLINEでつながっている友人とゲームの状況が共有できるところが魅力の一つですよね。

LINEレンジャーでも、フレンドが今どこのステージを挑戦しているか見れたり

フレンドポイントを送り合ってガチャをお得にできたり、バトルの助っ人として呼んだりすることができます。

多様なバトルモード

メインステージの攻略だけですと段々と単調な進行になっていくので、少し物足りなさを感じる方がいるかもしれません。

通常のバトルの他に、少し変わったバトルモードが用意されています。

シーズン制で進行する1対1のバトルや、絶えず出現する敵軍を打ち破る無限モード、ギルドメンバーと一緒に楽しむギルドレイドなどがあります。

ただ、一定のランクに到達していないと遊べないモードもありますので注意が必要です。

ガチャを引こう!課金は必要?

これだけレンジャーの種類がたくさんあるので、レアなレンジャーはガチャを引いて集めていきたいところです。

ログインボーナスやメインステージのクリア等でガチャ1~2回引ける分はすぐ集まりますが、無課金ではあまり贅沢に回せない印象です。

強いレンジャーが獲得できないとパーティもほとんど固定で変わり映えしないですし、レンジャーには「属性」や「タイプ」があるので、色々な種類のレンジャーを獲得しておいた方が戦術の幅が広がり、強い敵にも対策を打って行くことが出来ると思います。

下記は、課金のレートですのでご参考までに…!

いかがでしたでしょうか。

レベルの高いお友達がいると、ついつい意地になって追い付きたくなります(笑)

それがLINEゲームの楽しさですよね!興味を持った方は是非、遊んで見てください。


Google Play App Store

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください